埼玉の建築家とつくる注文住宅なら「天然木注文住宅・自然素材健康住宅のコミュニティアーキテクトラボ」

ペレットストーブ 製品紹介

 

鋳鉄製の扉と脚

●鋳鉄製の扉と脚で、重厚感あるデザイン
●ガラスの曇り防止スクリーン装着(脱着可)
●着火が早く、手入れもラクな手動着火式
●煙管熱交換システムで高い暖房効率
●小型で底面・本体外側が熱を持たず、施工も安心
●操作・メンテナンスDVD付き

SAIKAI SS-1 仕様

使用燃料

ペレット種類

全木ペレット ・ ホワイトペレット
※使用ペレットによる設定調整は不要

サイズ

外形寸法

W 482 x D 570 (排気口除く) x H 770 (mm)

重量

約82kg

構造

給排気方式

強制給排気方式 (FF)

構造

燃焼炉・外層 2層構造(外側は熱くなりません)

熱交換方式

煙管熱交換方式(管内部に燃焼熱を入れ、管の周囲空気を暖める)

蓄熱方式

燃焼炉内面に蓄熱レンガを組込み、高い蓄熱性能

前面輻射熱

前面扉は大型の鋳鉄製で、大きな輻射熱を発生

タンク容量

約12kg

暖房能力

暖房目安

最大40畳程度
※暖房面積は建築条件により変わります

消費量

0.5~1.65kg/H (無段階調節)
最大消費カロリー (ホワイトペレット)  8,000kcal/H
最大消費カロリー (全木ペレット)    7,300kcal/H

操作方法

点火方式

手動点火

点火方法

1)主電源(排気・温風ファン)を入れ
2)着火材に点火し
3)ペレットスイッチを入れ
4)燃焼スイッチ(給気ファン)を入れる
※点火操作は1~2分程度

温度調節

ペレットダイヤルにて、無段階調節

風量調節

なし

電力

電源

AC 100V  50Hz・60Hz

消費電力

常時 90W
※停電時は車載バッテリーでの運転可能(DC-ACインバーター必要 150W推奨)

安全装置

感震装置

手動復帰式 感震装置 (東京消防庁認証)

異常検知

過熱センサー (異常加熱時に停止・アラームブザー)

過電流

ヒューズ 5A 2本

消火後制御

主電源を切った後45分間、排気ファンが稼働します(冷却運転)

メンテナンス

灰除去

灰受皿を 1週間に1回程度 (毎日8時間燃焼)

煙管掃除

付属のバネブラシで月1~2回 (15分程度/1回)

排気管掃除

シーズン終了後、掃除機でススの吸い取り

設置

使用配管

二重給排気管 (外形 110Φ・内径 75Φmm)

設置工事

壁面に給排気管を通す穴を開け、壁面金具で給排気管を固定 (立上げ不要)

ペレットストーブの紹介に戻る